fbpx
体験談

何十年も苦しんだ頭痛から解放された喜び

何十年も苦しんだ頭痛から解放された喜び
19/04/2019 kanae
かわさき市民祭りで、気功動作を披露する谷本さん(右1)

私は以前、頭痛のほかに胃の痛みもあり、またパニック障害で倒れたりしていました。

2004年に「法輪功・気功講座」を受講し、その後、法輪功を学び始めました。書籍『轉法輪』を読み「これは本物だ!!私が探し求めていたものだ」と思い、毎日、毎日読みました。もちろん、煉功の動作も毎日頑張りました。そのうち、頭痛薬、胃薬、便秘薬をすぐに止めることができました。

すると、しばらくして何十年も苦しんだ頭痛が全くしないことに気が付きました。その時の私は、本当に嬉しくて痛みから解放された喜びで一杯でした。今では全く頭痛はしません。

体の痛みは辛いものですが、法輪功を学ぶことで病気の根源を身体の外に押し出すことができ、健康な身体を得ることができて、本当の幸せが得られるのです。

私は、もっと若いときからこの法輪功に出会っていれば私の人生は、もっと違っていたかも知れないと思いました。そうすれば、あんな事も、こんな事もやらなかったかもしれない、業力を作ることも無かったかもしれない…自分の人生を回顧し懺悔の念で一杯でした。

しかし、修煉を続けるうちに身体が健康になるとともに道徳も向上し、マイナス思考からプラス思考になり、苦しくて泣いていても前進するうちにいつの間にか乗り越えられるようになりました。

川崎市の新城中央会館(JR南武線 武蔵新城駅から徒歩5分)で、第3月曜の午前10時〜12時まで気功を練習しています。興味のある方はお気軽にお越しください。

(東京都在住・谷本朝子)

その他の地区の気功教室の情報はコチラ