fbpx
体験談

同居の娘夫婦と衝突もなく心が通じ合う

同居の娘夫婦と衝突もなく心が通じ合う
05/02/2020 trangvo

16 年前に主人を亡くして、何か前向きに考えなくてはいけない不安定な状況にいた時、 法輪功と出会いました。知人の紹介で自分の心を修めながら身体を鍛える気功であることを知り、条件が自由参加で強制的で無いこと、授業料が無料と聞き、心の中では「本当に大丈夫なのか? タダほど高くついて怖いものは無い、後から請求がやってくるのではないか」と不安を感じながらも興味本位で気に入らなければやめればいいという気持ちで行ってみました。

習ってみて簡単で激しい動きもなくゆったりとした動作、座禅に合わせた音楽も心地よく本当に心静かに落ち着く気功でした。気功を習った時、指導書として『轉法輪』という 1 冊の本との出会いが私の考え方を変えていったと思います。

前々より日常生活の中で私は「何のために生きているのだろうか」と疑問に感じることがよくありました。

気功を勉強する中でその疑問も解け、私の人間としての生き方、考え方、心 の持ち方が少しずつ良い方向に変わっていきました。

主人が亡くなった後、娘夫婦と孫との一緒の生活をすることになり些細なことでトラブルが何度も起こり、相手の欠点ばかり見つけ、相手を罵り、心を修めることをしませんでした。法輪功を勉強していなければ、外に向けて見る習性、我慢できない心、相手を見下す心、自分を正しいと思う心、金銭欲の心、闘争心、たくさんの執着心に気が付かないまま生活を続けていたに違いありません。16 年間娘達とも一緒に暮らし続けられなかったと思います。法輪功の教えのおかげで常に相手を一番に置き、内に向けて探す習慣が自然に身に付くよう心がけながら、相手にやさしく接すると、おのずと相手に心が通じ衝突もなくなりました。

友人から不思議がられます。「長い年月、娘たちと暮らしてどうしてそんなにうまく生活できるの?」私は友人に、法輪功を勉強しているおかげですと教えます。

相手に対して優しい心があるか、自分自身どこか悪い所はないか、いつも頭の中で考えることにしています。法輪功に出会って 16 年間、一歩一歩毎日を重ねて今日まで健康で薬を飲むこともなく、体が軽く毎日楽しく元気で過ごすことができています。これからも法輪功とともに頑張ります 。

出典: 明慧ネット